東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

墓の修理費2割負担 避難指示区域内で東電

 東京電力は23日、福島第一原発事故に伴う賠償のうち、避難指示区域内の墓の修理費2割を負担すると発表した。
 対象は避難指示解除準備、居住制限、帰還困難の各区域内にある壊れた墓。賠償費用は墓1区画当たり30万円を上限とする。新たに墓を建てた際の開眼供養などの祭祀(さいし)費用として2万円、請求の諸経費として1万円を支払う。東電は23日、請求書類の受け付けを始めた。
 さらに、原発事故に伴って管理できず、損壊した墓の移転費を上限150万円まで賠償する。墓の修理費と移転費の賠償は、どちらか一方しか請求できない。移転費の賠償請求の受付開始時期は未定。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧