東日本大震災

  • Check

常磐道IC予定地など視察 根本復興相楢葉、楢葉や広野を訪問

ならはスマートIC予定地で説明を受ける根本復興相(右から2人目)と、左から浜田副大臣、松本町長

 根本匠復興相(衆院本県2区)は23日、楢葉、広野両町を視察し、「着実に復興が進んでいる。復興交付金、福島再生加速化交付金を活用し、両町の構想が実現できるよう取り組んでいく」と語った。
 楢葉町では、常磐自動車道ならはパーキングエリア(PA)に整備する、ならはスマートインターチェンジ(IC)予定地を訪れた。担当者が平成30年の供用開始を目指していることなどを説明した。根本復興相は「30年の供用開始に向け、しっかり後押しする」と語った。木戸川鮭ふ化施設も見学した。
 広野町では、JR常磐線広野駅東側の開発予定地や、沿岸部の防災緑地・防潮堤建設予定地を視察した。広野駅東側にはテナントビルやホテル用地、商業施設用地、企業用地などが計画されている。
 視察には、浜田昌良復興副大臣も同行した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧