東日本大震災

  • Check

写真で被災者励ましたい 郡山の渡辺さん22日まで初個展

初めての個展を開催し笑顔を浮かべる渡辺さん

 郡山市の会社員渡辺清さん(67)の写真展「こころの眼(まなこ)」は22日まで、同市開成のアトリエかしわで開かれている。
 渡辺さんは写真歴35年。東日本大震災で落ち込む人々を写真で励ましたいという思いで、3年越しで準備を進め初めての個展を開催した。
 会場には約45点の作品が展示されている。同市の布引高原や裏磐梯の風景など、構図にこだわりシャッターを切った写真が来場者の目を楽しませている。来場者は気に入った写真に投票することもできる。
 渡辺さんは「人それぞれの感性を大事にして写真を見てほしい」と呼び掛けている。
 時間は午前10時から午後6時(最終日は午後3時)まで。問い合わせは渡辺さん 電話080(5730)7905へ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧