東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

葛尾で農地復興組合を設立 除染終了地で除草、管理

鎌田 毅氏

 東京電力福島第一原発事故で全村避難している葛尾村の農業者は19日、農地保全を図る村農地復興組合を設立した。三春町の村役場出張所で設立総会を開き、発起人代表の鎌田毅さん(71)=大笹=を組合長に選んだ。
 組合は全11行政区のうち、帰還困難区域の野行行政区を除く10行政区の代表19人で構成する。除染が終了した地域で除草や田起こしなどの管理に取り組み、将来の営農再開に備える。作業に携わる人員(組合員)は村内の農業者約260戸から募り、作業賃金や避難先からの交通費を支給する。財源には県の営農再開支援事業補助金を活用する。
 村によると、野行行政区を除く村内の農地は約660ヘクタール。平成26年度から国による直轄除染が行われており、27年度内に終了する予定。組合は26年度内に除染を終えた地域から作業に着手する。双葉郡8町村で同様の組合が発足するのは6例目。
 設立総会では鎌田発起人代表があいさつ。松本允秀村長らが祝辞を述べた。組合の規約や役員などを決めた。
 組合長以外の役員は次の通り。任期は2年。
 ▽副組合長=松本惇夫(落合)松本美浩(広谷地)▽会計=白岩寿喜(上野川)▽監査役=菅野正一(下葛尾)花井忠二(野川)

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧