東日本大震災

  • Check

富岡町民が再会喜ぶ 郡山で住民交流会

交流会で再会を喜ぶ富岡町民

 日赤県支部主催の富岡町の住民交流会は8日、郡山市の磐梯熱海温泉のホテル華の湯で開かれ、東京電力福島第一原発事故のため各地で避難生活を送る富岡町民が再会を果たした。
 町、町社会福祉協議会の共催。同支部の復興支援活動の一環で、今年度は避難区域を抱えるなどしている双葉郡8町村を対象に再会の機会をつくり、避難の疲れを癒やしてもらおうと企画した。郡山、いわき、三春、大玉の各市町村の仮設住宅などから町民約180人が訪れた。
 開会式で同支部の神野幸夫総務課長兼組織振興課長、宮本皓一町長があいさつした。参加者は久しぶりの再会を喜び、語り合った。ホテルの大浴場に入ったり、ビュッフェレストランで昼食を取ったり、カラオケで歌うなどして楽しいひとときを過ごした。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧