東日本大震災

  • Check

「早く再開を」再生エネ買い取り中断で東北電力、福島で説明会

再生可能エネルギーの電力買い取り手続きを中断した経緯などが示された東北電力の説明会

 東北電力は9日、福島市の福島テルサで再生可能エネルギー固定価格買い取り制度に基づく電力買い取り手続きを中断したことに対する説明会を開いた。出席した発電事業者らからは早期の手続き再開を望む声が相次いだ。
 1日から手続きを中断していることを受け、東北電が7日から管内の7県で順次開催している。福島会場には太陽光発電や水力発電などを手掛ける事業者ら約130人が出席した。
 東北電力福島支店の高橋英人設備計画部長らが、予想以上の太陽光発電設備の接続申し込みがあり、安定供給に支障を来す可能性が出てきた経緯を説明し、理解を求めた。
 質疑応答では、出席者から「出力が安定している水力発電やバイナリー発電の接続は中断の対象外にすべきだ」「経済産業省と連携して一刻も早く接続手続きを再開してほしい」など対応への不満や要望の声が上がった。
 説明会終了後、太陽光発電を手掛ける事業所の担当者は「県の復興補助金を受け事業を進めているが、もし補助期間に間に合わなければ泣き寝入りするしかないのか」と心配そうに会場を後にした。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧