東日本大震災

  • Check

郡山で復興支援の音楽祭

優雅な旋律を会場に響かせる楽団員

 バイオリニスト諏訪内晶子さんが芸術監督を務めるクラシック音楽祭「第3回国際音楽祭NIPPON モントリオール交響楽団チャリティコンサート」は15日、郡山市の郡山女子大建学記念講堂で開かれた。
 実行委員会の主催、福島民報社などの共催。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興支援として、県民1700人を無料で招待した。
 同交響楽団音楽監督のケント・ナガノさんの指揮で、楽団員がラベル作曲「マ・メール・ロワ」、ムソルグスキー作曲「組曲『展覧会の絵』」を演奏した。「赤い靴」「十五夜お月さん」など日本の歌曲も披露した。歌手のコロンえりかさんがソプラノを務めた。
 会場を埋めた観客は管弦楽の美しい調べを心行くまで堪能し、惜しみない拍手を送っていた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧