東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県営災害公営住宅を公開

バリアフリーとなっている県営災害公営住宅の室内=郡山市日和田町

 県営では初めて11月に入居が開始する郡山市日和田町の災害公営住宅が17日、報道機関に公開された。県職員が現地で施設の特徴などを説明した。
 富岡町民向けで、既に入居者が決まっている。鉄筋コンクリート造り4階建ての1棟で、今月中に完成する予定。3LDKが15戸、高齢者向けの2LDKが5戸の計20戸分ある。いずれも段差のないバリアフリーで、高齢者向けの部屋には緊急通報装置が付いている。集会所が設けてある。
 県は東京電力福島第一原発事故の避難者向けの災害公営住宅の建設を進めており、双葉町民向けの同市富久山町八山田の災害公営住宅(20戸)も同時期に完成し、入居が始まる。県内では平成26年度内に528戸分の19棟が完成する予定。28年度までに4485戸分の整備を計画している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧