東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

廃炉工程表来春改定へ 第一原発

 政府と東京電力は、東電福島第一原発1~4号機の廃炉措置に向けた中長期ロードマップを来年春をめどに改定する。20日、福島市で開かれた廃炉・汚染水対策福島評議会で、政府の原子力災害現地対策本部長を務める高木陽介経済産業副大臣が明らかにした。
 今回の見直しは、8月に発足した原子力損害賠償・廃炉等支援機構が策定する「戦略プラン(仮称)」の内容を反映する。
 戦略プランの策定に向けて、機構は溶融燃料(燃料デブリ)の取り出しと廃棄物対策、建屋内への止水の3分野について、分野別の検討会を開催する。専門分野ごとに機構の廃炉技術委員会をはじめ、東電や協力企業、政府機関から構成員を選定し、考えを取りまとめる。
 さらに、福島評議会に参加する福島第一原発周辺の市町村長や有識者らが提案したロードマップへの指摘、要望を盛り込む。評議会では作業工程の細分化や具体化、明解な進捗(しんちょく)状況の説明などを求める声が出ていた。
 ロードマップの見直しについては、1号機カバーの取り外し作業の遅れにより平成29年度中の使用済み燃料プールからの燃料取り出しが遅れる可能性が出るなど、廃炉作業の進捗状況や廃炉に関する研究開発の成果などに応じた見直しの必要性が高まっていた。現在のロードマップは昨年6月に改定された。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧