東日本大震災

  • Check

被災地の現状視察 全国の経済同友会代表幹事 川内、富岡など訪問

川内村の遠藤村長から現状と課題などを聞く全国の代表幹事ら

 全国の経済同友会代表幹事は21日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災地を視察した。
 前日に郡山市で開いた円卓会議に続く視察で、約50人が参加した。川内村では遠藤雄幸村長が震災から3年7カ月が過ぎた村の現状と課題を説明。10月1日に避難指示解除準備区域の避難指示が解除されたことなどを紹介し、「戻りたいという人がいつでも戻れる環境をつくるのが行政の使命」などと語った。川内高原農産物栽培工場も視察した。
 富岡町ではJR常磐線富岡駅周辺や町中心部などを視察した。
 いわき市も訪れ、いわき海星高で教育現場の復旧状況と課題などに理解を深めた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧