東日本大震災

  • Check

震災教訓伝える「復興祈念公園」 県、設置場所など年度内にも決定

 県は東日本大震災の犠牲者を追悼し、震災の教訓を後世に伝える「復興祈念公園」の設置場所とコンセプトを早ければ年度内にも決める。27日、県庁で開いた新生ふくしま復興推進本部会議で検討方針を示した。
 県は関係部局の関係課長らによるプロジェクトチーム(PT)で、本県の復興への強い思いを国内外に発信するための施設のコンセプトをまとめる。コンセプトに基づき、公園の基本構想策定に向けた予算を国に要求する方針だ。
 復興祈念公園は、国の復興推進会議で、本県と宮城、岩手の被災3県に各1カ所設置するとされている。各県が設置する公園内に、国が施設を整備する。
 県は、東京電力福島第一原発事故の記録や資料を保存し、教育や交流拠点となる「アーカイブ施設」について、国に対して整備を要望している。PTはアーカイブ施設の具体的機能も検討する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧