東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

郡山で環境放射性物質対策の国際展

走行しながら道路を除染できる東北テントの製品のデモンストレーション

 環境放射能対策・廃棄物処理国際展「RADIEX in Fukushima」は30日、郡山市の郡山カルチャーパーク第5駐車場で開幕した。31日まで。放射性物質の除染などに関する国内外の製品や技術を紹介している。
 「安心・安全生活を拓く除染」がテーマで、環境新聞社の主催、郡山市の共催。東京電力福島第一原発事故発生後、年1回、都内で催しているが、被災地の自治体や業者らが来場しやすいように県内で初めてサテライト版として企画した。初日は約1200人が訪れた。
 国内外の49企業・団体が60ブースを設け、除染のほか、放射線測定、放射性廃棄物の減容化・運搬などの機材やシステムを展示し、デモンストレーションも行っている。
 このうち、郡山市の東北テントが開発した、車両走行しながら道路を効率的に除染できる製品が展示されている。チェルノブイリ原発事故で被災したベラルーシの企業の日本法人は、除染などで出た汚染土壌に含まれる放射性物質をフレコンバッグに入れたままで測定できる機材を紹介している。
 31日の開催時間は午前10時から午後4時まで。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧