東日本大震災

  • Check

本県出身の優希美青さん出演 桜プロジェクト応援ソングMV

 6号国道沿いなどを桜並木で彩る「ふくしま浜街道・桜プロジェクト」の応援ソング「さくらびと」のミュージックビデオ(MV)が5日、公開された。人気バンドGLAYのリーダーTAKUROさんが書き下ろした歌で、MVは富岡町夜の森の桜並木などで撮影し、本県出身でNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で人気となった女優・優希美青さんが出演している。
 応援ソングは、プロジェクトを主催するNPO法人ハッピーロードネット理事の吉田憲一さん(42)が一昨年、GLAYのMVを手掛ける写真家岩根愛さんと知り合い、相談したことがきっかけで実現した。岩根さんが橋渡し役となり、TAKUROさんに桜を題材にした曲作りを打診。GLAYは東日本大震災以降、被災地でコンサートを開くなど復興支援に取り組んでおり、TAKUROさんは曲作りを快諾した。
 「さくらびと」はバラードで、歌詞には帰ることのできない古里への思いをつづっている。MVは、岩根さんが監修を務め、今年4月、富岡町のほか、三春町で撮影された。
 優希さんは、避難先の三春の桜を見て、古里の富岡・夜の森の桜を思い出す少女役を演じている。夜の森の桜並木や町の様子、三春の仮設住宅、避難生活を送る人々の姿も収めた。
 MVの最後にはGLAYが「故郷の桜を想うすべての人にこの曲を贈ります」とのメッセージを寄せた。
 優希さんは「福島県民は私にとって大切な存在。これからも福島のPRを精いっぱい頑張る」と話した。吉田さんは「多くの人にミュージックビデオを見てもらい、福島の現状を知ってもらうきっかけになれば」と話している。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧