東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

2枚目のパネル撤去 第一原発1号機

 東京電力は10日、福島第一原発1号機の建屋カバー解体に向けた作業で、カバー屋根部分の2枚目のパネルを取り外した。放射性物質の飛散を抑制する防止剤の効果などを確認する。
 同日午前6時半ごろから約2時間かけて、幅約7メートル、長さ約42メートル、重さ32トンのパネルを遠隔操作のクレーンでつり上げた。大きな開口部の下に水素爆発で崩れた建屋のがれきや、むき出しになった鉄骨が見えた。
 10月31日には隣接する中央部分のパネルを外した。建屋内部の放射線量を調査し、クレーンにつるしたカメラでがれきの状況を調べる。
 建屋周辺で凍土遮水壁の工事が始まる12月初旬までに、2枚のパネルを戻す。来年3月から、本格的なカバーの解体作業に着手する。
 2枚目のパネル取り外しは当初7日に予定されていたが、強風や構内で起きた労災事故の影響で延期された。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧