東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

震災後初のがれき撤去 双葉町の避難解除準備区域

双葉町両竹地区で始まったがれき撤去作業

 環境省は17日、東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示解除準備区域の双葉町両竹地区で、東日本大震災の津波で流失した家屋などのがれき撤去作業を始めた。同町のがれき撤去が行われるのは震災後初めて。災害がれきの推定量は約1万3000トンで、おおむね平成27年度中の撤去完了を目指す。
 集積されたがれきの山を重機で崩した後、作業員が熊手などを使って分別し、中野地区の仮置き場に運んだ。津波による行方不明者の手掛かりにつながる可能性がある物品は分けて保管した。作業に立ち会った両竹行政区長の斉藤六郎さん(77)=いわき市に避難中=は「ようやく復旧が始まったと思う。これから作業が加速化してほしい」と話した。
 同省によると、仮置き場に運んだ後の処分方法は未定という。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧