東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

中間貯蔵施設地権者会発足 会長に門馬さん

 東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設をめぐり、建設予定地となっている双葉、大熊両町の地権者が設立準備を進めてきた「30年中間貯蔵施設地権者会」は17日、発足した。地権者の会の発足は初めて。
 17日現在、37人が会員となっており、今後も増える見通しだという。大熊町からいわき市に避難している門馬幸治さん(60)を会長に選んだ。
 同会は、中間貯蔵施設建設に関して国が示した土地価格などの見直しを求めていく。19日には大熊町に要望書を提出する予定。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧