東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

川内の259人がADR申し立てへ

 東京電力福島第一原発から20キロ圏外の川内村の旧緊急時避難準備区域の住民259人(112世帯)は来年1月下旬、福島第一原発事故で被害を受けたとして、東電に1人当たり月額20万円の賠償を求め、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てる。住民を支援する、ふくしま原発損害賠償弁護団が18日、明らかにした。
 同区域は平成23年9月に解除された。1人当たり月10万円が支払われる精神的賠償は解除から1年で打ち切られており、賠償が継続する20キロ圏内の旧警戒区域の村民と格差が生じている。弁護団によると、支払い打ち切りから和解成立の日まで1人当たり毎月20万円の支払いを求める。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧