東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

汚染水の流れほぼ遮断 第一原発2号機海側トレンチ 特殊セメント充填で

 東京電力は26日、福島第一原発2号機の海側トレンチ(電源ケーブルなどが通る地下道)の閉塞(へいそく)作業について、特殊なセメントを充填(じゅうてん)した結果、水の行き来はごくわずかになったとの報告をまとめた。同日、開かれた原子力規制委員会の会合で説明した。
 会合に出席した委員らから「確認の時間が極めて短い」などと指摘する声が相次いだ。規制委は汚染水の流れを遮断できているか、今後も慎重に監視を続けるよう東電に求めた。
 東電によると、セメントの充填作業が終わったのはトレンチのうち横方向に延びる部分で、今後、立て坑部分を埋め、タービン建屋からの汚染水の流れを完全に遮断したい考え。
 東電は会合で、作業によりトレンチにたまっていた高濃度汚染水約5000トンのうち約2500トンの抜き取りが完了したと報告した。更田豊志委員長代理は「滞留していた汚染水を減らせたのは前進だ」と一定の評価を示した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧