東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

帰還で楢葉町長インタビュー

 住民帰還の時期をめぐり、年明けから町政懇談会を開く楢葉町の松本幸英町長に町内での生活再開に向けた考えを聞いた。松本町長は「住民の声に耳を傾け最善の道を考えたい」と語った。
 -町長自身、今月上旬から自宅に戻り生活している。
 「社会基盤はほぼ復旧し、飲食店やスーパーが入る仮設商業共同店舗のここなら商店街もある。不自由はそれほど感じない。ただ、朝夕、復興関係車両で6号国道が混雑しており、県道や町道など迂回(うかい)路にも車が多い。時にはスピードを出している車両もある。関係機関と協力して対処したい。また、街路灯がなく暗く感じる場所が幾つかある。早急に対応したいと考えている」
 -帰町に向けて課題が山積している。
 「来年1月から3月にかけて町政懇談会を予定している。町民の声にじっくりと耳を傾けたい。国と今後しっかり協議していくが、帰町に向けてはさまざまな方法を模索しながら最善の道を考える。県が平成27年度内にも診療開始を目指している仮設診療所については、同年度の少しでも早い時期に開所できるよう働き掛ける」
 -避難生活が長期化し、まちづくりにも影響が出ている。
 「避難生活のさらなる長期化は望ましいものではない。来年は町民らが交流するイベントを町内で開催したい。復興やまちづくりについて考えるきっかけにしたいと思っている」

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧