東日本大震災

  • Check

飯舘村公民館の建て替え 今年中に工事完了

飯舘村の復興の象徴とする新しい公民館の完成イメージ図。ホールが円形となっている

 東京電力福島第一原発事故で全村避難となっている飯舘村は、平成27年内に村公民館の建て替え工事を完了させる。村は新しい公民館を「復興の象徴」に位置付け、来年の成人式の実施を目指す。
 村教委によると、新しい公民館は、同村草野の県道原町川俣線沿いの現公民館がある場所に建て替える。4月に着工し、年内完成を計画している。
 公民館の完成イメージは【図】の通り。木造平屋造りで、延べ床面積は約1500平方メートル。ホールが円形となっているのが特徴で、木のぬくもりにあふれ、村民に愛される公民館にする。菅野典雄村長は「来年の成人式はぜひ新しい公民館で行い、新成人を迎えたい」と話している。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧