東日本大震災

  • Check

避難町民の絆支援 富岡町がさいたま市に拠点

開所式で石井教育長から支援員証を受ける町復興支援員(右)

 東京電力福島第一原発事故に伴い全町避難が続く富岡町は20日、県外に避難している町民同士の絆を維持する支援拠点を、さいたま市内に開設した。同日、市内で開所式が行われた。
 支援拠点は事務所をさいたま市浦和区の埼玉県勤労者福祉センター内に置いた。町復興支援員4人が勤務し、主に関東地方と新潟県に避難している町民の現状把握や戸別訪問、支援イベントの企画・運営、町民と避難先の地域住民とのネットワークづくり、避難先の自治体や支援団体との橋渡しなどをする。
 開所式は事務所とは別の市内の会場で行われ、石井賢一町教育長が「町民が安心して避難生活を送りながら生活再建を進められる支援を期待している」とあいさつした後、町復興支援員に支援員証を交付した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧