東日本大震災

  • Check

震災後初、本庁舎で臨時議会 避難指示解除準備区域の楢葉町

震災と原発事故後初めて楢葉町の町役場本庁舎で開かれた臨時議会で、議案に賛成の挙手をする町議ら=28日午前

 東京電力福島第一原発事故で、ほぼ全域が避難指示解除準備区域の楢葉町の臨時議会が28日、東日本大震災発生後初めて同町の本庁舎議場で開かれた。
 長期避難に伴い劣化した音響システムを交換したため試験を兼ねて開催した。
 午前10時半から始まり、全議員12人が出席した。このうち5人は当選後初めて本庁舎議場での議会に臨んだ。天井の照明の一部が壊れたままだったが、松本幸英町長は「議場の空気に触れると、これまでのさまざまな出来事が思い出され、万感胸に迫る思いがある」とあいさつした。
 閉会後、青木基議長は「議会として復興への一歩となった。今後本庁舎で開催するかどうかは、町民や議員の意向、復興の状況を見ながら考えていくべきだ」と述べた。町議会は現在、いわき市の町いわき出張所谷川瀬分室で開いている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧