東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

都路の精神的賠償 3月終了が妥当 原賠審会長が見解

 文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会の能見善久会長は28日、昨年4月に避難指示が解除された田村市都路町の住民に対する精神的賠償の支払いについて、3月での終了が妥当との見解を示した。同日、文部科学省で開かれた同審査会の終了後、記者団に答えた。
 第4次追補では、避難指示解除後1年を目安に1人当たり月10万円の精神的賠償を打ち切るとしている。能見会長は記者団に「都路の慰謝料は1年(が妥当)だと思う。ただ、実際に困っている事があれば(その後も)賠償の対象になる」と述べた。
 能見会長ら審査会役員は昨年9月、都路町を視察した。能見会長は「1年が相当かどうか議論の1つになる」とあらためて検討する考えを示していた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧