東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

解除は28日午後8時 帰還困難区域、大熊の一部道路規制

 3月1日の常磐自動車道の全線開通に合わせ、政府は東京電力福島第一原発事故で設定された大熊町の帰還困難区域を通る288号国道と県道いわき浪江線の一部について、28日午後8時に通行規制を解除し、許可なしで一般車両の通行を可能にする。政府の原子力災害現地対策本部が19日、発表した。住民の交流や物流が活発化し、復興に弾みがつくと期待される。
 規制が解除される区間は【地図】の通り。288号国道は県道いわき浪江線から西側の4.6キロ、県道いわき浪江線が288号国道との交差点から南側の1.9キロが対象。通行証なしでも自由に通行できるようになる。
 現在は一時帰宅する住民や自治体職員ら許可を受けた車両のみ通行が認められている。
 脇道への進入防止や防犯上の観点から歩行者と自転車、オートバイは通行できない。
 帰還困難区域の通行をめぐっては、6号国道が26年9月に一般車両の通行が可能となった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧