東日本大震災

  • Check

秋吉久美子さん漁業関係者激励 いわき

漁業関係者らとともに試験操業で揚がったメヒカリなどを味わう秋吉さん(左から2人目)=いわき・ら・ら・ミュウ

 消費者庁の「東北未来がんばっぺ大使」を務める女優の秋吉久美子さんは20日、いわき市を訪れた。3月末の供用開始に向けて整備が進む新しい小名浜魚市場などを視察し、漁業関係者を激励した。
 新小名浜魚市場で秋吉さんは、いわき市漁協の矢吹正一組合長ら漁業関係者4人と対談。試験操業の継続など漁業再興を目指した取り組みを聞いた。
 その後、秋吉さんは新魚市場西側にある市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」を訪問。試験操業で市内の港に揚がったメヒカリやヤリイカの料理を食べ、「本当においしい」と感想を述べた。
 視察後、同市に6歳から18歳まで暮らしたという秋吉さんは「ぜひ多くの人がいわきを訪れ、安全でおいしい魚を味わい、感動を共感してほしい」と話した。
 秋吉さんは平成25年9月、東京電力福島第一原発事故による食品の風評払拭(ふっしょく)などに取り組む同大使に任命された。視察や対談の様子は今後、消費者庁がリーフレットにまとめ、全国各地の食品と放射性物質に関する説明会などで配布される。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧