東日本大震災

「震災から4年」アーカイブ

  • Check

【3.11から4年】復興クローズアップ 県産米「天のつぶ」 食味ランク「A」に

食味ランキングで評価が「A」に上がった「天のつぶ」。知名度アップのため積極的な販売促進活動が展開されている=昨年12月、都内

 日本穀物検定協会が発表した平成26年産米の食味ランキングで、県オリジナル品種「天のつぶ」は、25年産の「Aダッシュ」から1ランク上がって「A」となり、最上級の「特A」ランクに次ぐ評価を受けた。

 県は知名度向上のため、人気グループ「TOKIO」のメンバーを起用したテレビCM、内堀雅雄知事や大橋信夫JA福島五連会長らによるトップセールスを積極的に展開。天のつぶは全国的に知られるようになった。

 天のつぶは平成7年に県農業試験場(現県農業総合センター)で開発を始め、約15年の歳月をかけて完成した。22年に県奨励品種になり、「穂が出るときに天に向かって真っすぐ伸びる力強さと天の恵みを受けて豊かに実る一粒一粒」をイメージして「天のつぶ」と命名された。

 県によると、天のつぶはコシヒカリやひとめぼれに比べ倒れにくい。いもち病に強く、栽培もしやすい。粒は大きく、食べ応えがあり、食味はコシヒカリやひとめぼれと同等で冷めてもおいしい。収量が多いのも特徴だ。

 山形県の「はえぬき」や秋田県の「あきたこまち」などのように毎年、食味ランキングで「特A」の評価を受けるのが目標で、県は「品質と知名度をさらに高めたい」としている。

カテゴリー:震災から4年

「震災から4年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧