東日本大震災

「原発事故関連死」アーカイブ

  • Check

支援相談員倍増400人に 県が対策

 県は避難生活の長期化に伴う自殺や震災(原発事故)関連死を防ぐため、県内の仮設住宅や借り上げ住宅での見守り活動などを担う「生活支援相談員」を現在の約200人から400人に倍増する。
 県外避難者向けとしては、生活再建の相談などを受ける「復興支援員」を山形、新潟、群馬、栃木、茨城の5県に新たに配置する。これまでは東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県で25人体制だったが、9都県で計65人が活動する。

カテゴリー:原発事故関連死

「原発事故関連死」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧