東日本大震災

  • Check

24、25日「お城山まつり」 三春 花見大宴会、多彩なステージ

「花見大宴会」の会場となる城山公園

 三春町や町商工会、三春まちづくり公社などで組織するお城山まつり実行委員会は24、25の両日、町内の城山公園などで「第1回お城山まつり」を開催する。
 ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)期間中に合わせ、「お城山」という新たな観光スポットの提供や観光客へのおもてなし企画「三春グルメぐり」などを展開。東京電力福島第一原発事故の影響で、同町に避難する富岡町民と葛尾村民が生活する仮設住宅から無料送迎バスを運行する。
 三春町は江戸時代まで城下町として栄え、「お城山」は三春城跡を公園として整備した町の象徴的な場所の一つ。会場には三春城主だった田村、蒲生、加藤、松下、秋田の各氏の家紋を入れたのぼり旗などを掲げ、城下町の雰囲気を演出する。
 25日午前10時から午後5時まで城山公園で花見大宴会を催す。町内外の団体が太鼓や大正琴、舞踊などを特設ステージで披露。三春張り子の絵付け体験や宝さがしラリーなども繰り広げる。町内に避難する富岡町と葛尾村も共催する。各仮設住宅を巡る無料送迎バスは計4便運行し、住民と観光客が一緒に花見を楽しむ。
 おもてなし企画「三春グルメぐり」は24、25の両日、町内の飲食店など22店舗で催される。前売り券2800円、当日券3000円のチケットを購入すると、各店舗で通常以上のサービスが受けられる。
 実行委員長の増子弘昌町商工会長は「町民や避難町村の住民、観光客ら来場者全ての人に活力を与えたい」と意気込んでいる。
 問い合わせは町商工会内の実行委員会事務局 電話0247(62)3523へ。

お城山まつりをPRする関係者

東日本大震災の最新記事

>> 一覧