東日本大震災

  • Check

オリビア・ニュートン・ジョンさん 福島で公演 復興祈り歌姫熱唱 「これからも応援」

美しい歌声で福島のファンを魅了したオリビアさん

 世界の歌姫オリビア・ニュートン・ジョンさんのジャパンツアー福島公演は2日、福島市の県文化センターで催された。オリビアさんは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの本県復興への祈りを込めて歌を披露し、詰め掛けた約1700人のファンを魅了した。
 コンサートはテレビユー福島の主催、県文化振興財団の共催、福島民報社などの後援。オリビアさんはメジャーデビュー45周年となる今年、5年ぶりの来日ツアーとして東京、大阪、名古屋の都市部での公演に加え、「Pray For Fukushima」とのタイトルを冠した福島公演を開催した。東北地方では本県のみの公演となった。
 オリビアさんは「そよ風の誘惑」「ザナドゥ」「マジック」など全米シングルチャート一位に輝いたナンバーをはじめ、日本でもおなじみの自身のヒット曲を熱唱。観客は立ち上がって手拍子を取ったり、体を揺らしたりして、オリビアさんと一緒になって歌を楽しんでいた。

■ふくしまこども寄付金に50万円

 福島公演を記念し、オリビアさん、ウドー音楽事務所、テレビユー福島の三者合同で、県の東日本大震災ふくしまこども寄付金に50万円を寄付した。
 コンサート終了後、オリビアさんが内堀雅雄知事に目録を手渡し、握手を交わした。
 オリビアさんは「とても素晴らしい日だった。これからも福島を応援する」と語った。
 内堀知事は「福島のための特別なコンサートを開いていただき、福島県民として大変ありがたい。福島の子どもの未来のために活用させていただく」と感謝の気持ちを伝えた。
 オリビアさんは茨城県の動物愛護団体にも浄財を贈った。
 ウドー音楽事務所の有働誠次郎ファウンダー、テレビユー福島の信国一朗社長が同席した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧