東日本大震災

  • Check

復興の遺志継ぎ 演奏会 同級生ら 一周忌に企画 7日玉川で

遺品のピアノの前で山田さんの写真を持つ(左から)菊池さん、信幸さん、八幡さん

■がんで死去、作曲家の山田真理子さん(石川町出身)

 真理ちゃんの曲を残したい-。昨年6月6日にがんで亡くなった石川町出身の作曲家山田真理子さん=享年(48)=の追悼コンサートは7日午後3時から玉川村のマーヴェラス末広で開かれる。学法石川高の同級生や音楽仲間らが1周忌に企画した。山田さんは東日本大震災後、県内外でチャリティーコンサートを開いた。同級生らは「福島が早く元に戻るよう願った真理ちゃんの思いを感じてほしい」と話している。

 山田さんは3歳の時にピアノを始めた。学法石川高、国立音大を卒業し、平成15年に東京都内に音楽会社を立ち上げた。心を癒やすヒーリング音楽を中心に作曲し、19年にCDを発売した。作詞も手掛けたほか、音楽療法士としても活動し、介護施設などで癒やしの音楽を届けてきた。
 震災後、石川町や塙町などで復興を願う演奏会を開くなど精力的に活動していたが、24年にがんが見つかった。1年半の闘病の末、亡くなった。
 山田さんのパソコンに未発表の曲が残されていた。兄の信幸さん(51)=石川町=、同級生の菊池ゆかりさん(48)=石川町=と八幡里美さん(48)=塙町=、一緒に音楽を演奏してきた仲間らが山田さんの思いを残そうと追悼コンサートの準備を進めてきた。
 コンサートには山田さんと一緒に演奏したフルートやバイオリン、ファゴットの奏者ら12人が出演し、12曲を披露する予定。山田さんが古里を思い、作詞作曲した「ふるさとはいつも心に」も奏でる。未発表曲を集めたCDを会場で販売する。
 信幸さんは「妹は仲間に愛されていた。本当にありがたい」と感謝する。菊池さんと八幡さんは「真理ちゃんの音楽を多くの人に聴いてほしい」と呼び掛けている。

 ※追悼コンサートは玉川村のほか、東京都でも2公演が予定されている。玉川村公演のチケットは500円。問い合わせはヤマダ自動車 電話0247(26)7161へ。
 東京公演の日程は次の通り。
 ▽19日=文京区、同仁キリスト教会で午後6時30分から。チケット2000円。
 ▽27日=世田谷区、バーハリーズで午後6時30分から。チケット1500円。問い合わせは同店 電話03(3328)5158へ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧