東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

富岡町が災害対策本部の状況記録

災害発生当時の状況が生々しく残る災害対策本部を記録する関係者

 東京電力福島第一原発事故による全町避難が続く富岡町で、原発事故発生当時のままとなっている町の災害対策本部の室内の記録作業が24日、現地で始まった。
 町や県立博物館などによる「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」の一環で、複合災害の状況を後世に伝えるのが目的。室内には、津波被害の対応から原発事故による避難で町を離れるまでの混乱した状況が生々しく残っており、関係者約10人が写真撮影し、机の書類やホワイトボード、椅子など物品全ての位置を図面に記している。
 記録作業は25日も行われる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧