東日本大震災

  • Check

福島県、ルワンダ復興考えよう 19、20日にイベント

開催をPRする福島大の3年生らと、2列目左から佐野、阿部、鈴木の各氏。3列目左が室井氏

■二本松、福島 避難者らと留学生交流

 福島大の学生とルワンダ人留学生、東京電力福島第一原発事故の避難者らが交流しながら被災した本県と内戦があったルワンダの復興を考える「Rwandaful Summer(ルワンダフル サマー)2015」は19、20の両日、二本松市の旧平石小仮設住宅などで開かれる。参加無料。
 NPO法人ルワンダの教育を考える会の主催で福島大、国際協力機構(JICA)二本松青年海外協力隊訓練所の共催。
 初日は正午から同仮設住宅で交流会を開く。ルワンダの留学生は避難生活の現状を学び、避難者は留学生のダンスを見学する。福島大生が準備する流しそうめんなどで親睦を深める。
 2日目は午後一時から青年海外協力隊50周年を記念し、福島市の県教育会館で「ルワンダとふくしまのキセキ」と題してトークライブなどを催す。NPO法人地球のステージ代表理事の桑山紀彦さんが東日本大震災などの映像と音楽を披露した後、考える会代表の永遠瑠(とわり)マリールイズさん、青年海外協力隊経験者、福島大生、ルワンダ人留学生、学法福島高生とともに「復興」をテーマに話し合う。問い合わせは考える会 電話024(533)8289へ。
 福島大経済経営学類の佐野孝治副学類長、JICA二本松の室井研一国際協力推進員、考える会の鈴木恵子理事、事務局の阿部貞夫さんが10日、開催PRのため福島民報社を訪れた。
 同学類の細矢枝里、前田尋貴、戸田月菜、米沢勇人、小野孝洋、角田耕、橋本知恵、加藤実可子、山田輝和、外山遥菜、諏訪七海、蛭田幸之助さんの3年生も参加を呼び掛けた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧