東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

長崎・雲仙の児童が相馬訪問 防災の取り組み理解

高橋校長(左)から災害時の対応策などを学ぶ児童

長崎県雲仙市の児童は19日、相馬市を訪れ、災害時の対応や防災への意識などを学んだ。
 雲仙市などは、かつて雲仙普賢岳の噴火災害に見舞われた。今回は相馬市の東日本大震災への対応を学ぼうと訪れた。千々石(ちぢわ)一小の5、6年生の男女4人が防災備蓄倉庫、仮設住宅、災害公営住宅などを視察した。
 このうち飯豊小では、高橋誠校長が防災への取り組みを紹介した。同校は津波を想定した避難訓練を定期的に実施するなど防災教育にも力を入れている。高橋校長は(1)訓練に主体的に取り組む態度(2)実践的な危機管理(3)家庭、学校、地域と連携した対応-が重要と訴えた。
 児童は市伝承鎮魂祈念館も訪れ、津波被害の現状に理解を深めた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧