東日本大震災

  • Check

被災地の球児歓声 楽天野球団が教室 広野 コーチら児童を指導

野球の基本を学ぶ児童

 プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団は22日、広野町総合グラウンドでふれあい野球教室を開いた。
 被災地支援活動の一環。県内では、いわき市に設置されている楢葉町の楢葉小中仮設校舎で7月に開いた教室に続いて2カ所目。
 広野町野球スポーツ少年団に所属する14人が参加した。楽天のベースボールスクールコーチの柳沢裕一さんと佐々木敬典さんが講師を務めた。
 2人は走塁やキャッチボール、守備、バッティングの基本を指導した。キャッチボールではボールの握り方や投げる際の体の使い方などを分かりやすく説明した。児童は少しでも上手になれるよう、真剣に話に聞き入っていた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧