東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「本の森図書館」23日仮開所 坂下・旧八幡幼稚園拠点 復興支援の4万冊活用

本の森図書館の開設準備に当たるボランティア

 東日本大震災の復興支援で寄せられた本が元手となり、会津坂下町の旧八幡幼稚園を拠点に新しい形式の図書館が誕生する。貸し出しカードは不要、返却期日もない。本が人から人に渡っていくことが目的で、借りた本を返却せずに第三者に渡すことも認める。旧八幡幼稚園の「本の森図書館」が23日、仮オープンする。
 県立博物館の赤坂憲雄館長が岩手県などで展開した復興支援の献本プロジェクトで、全国から寄せられた約30万冊のうち、約4万冊を活用する。赤坂氏が県内を本であふれさせ、子どもたちが本に親しめる環境をつくろうと呼び掛け、奥会津書房代表の遠藤由美子さん(66)らが賛同した。「ふくしま本の森プロジェクト」として始動し、5月に旧八幡幼稚園に本を搬入した。
 図書館運営の発想は本の管理ではなく共有。貸し出しするだけでなく、公共施設や商店、個人宅など書架を置くさまざまな場所を募り、本を分ける。拠点の本が少なくなれば、新たに全国から募る。自由に本の貸し出しができる「街かど図書館」を増やし、どこででも本を手に取れる環境をつくる。貸し出しルールを善意に委ねることで借りやすくする。
 発起人代表を務める遠藤さんは「本は読まれてこそ価値がある。本の森からたくさんの人に本が行き渡ってほしい」と活動の広がりを期待している。

■見学受け入れ開始
 本の森図書館は23日から見学の受け入れを開始する。館内は本格オープンに向けて本の整理中だが、取り組みを見てもらうことで図書コーナーの開設を希望する賛同者を増やしたい考え。「街かど図書館」の第1号に道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」が決まっている。問い合わせは奥会津書房 電話0241(52)3580へ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧