東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

原発事故後の県内振り返る 郡山で日本看護管理学会

市民公開講座で講師を務める開沼さん(左)と和合さん

 日本看護管理学会の学術集会の最終日は29日、郡山市のビッグパレットふくしまで市民公開講座などを開いた。
 講座では福島市の詩人の和合亮一さん、福島大の特任研究員の開沼博さんが対談。東日本大震災、東京電力福島第一原発事故直後に被災患者を受け入れた医療機関の看護管理者から聞いた当時の不安な心境や経験などを基に意見交換した。
 和合さんは「原発事故以降、私たちは見えないものと向き合って闘っているのを感じている」と発言。開沼さんは「危機的な状況を受けた緊張感と先が見えない、中ぶらりんの心境が続いた。今でも不安を抱えている人がいる」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧