東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

震災犠牲者安らかに 相馬で鎮魂の灯籠流し 歌、太鼓演奏でしのぶ

漁船から海に流される灯籠

 東日本大震災の犠牲者を追悼する慰霊流灯会は30日、相馬市の松川浦漁港で開かれた。漁船から灯籠が海に流され、参列者は亡き人をしのんだ。
 沿岸部に住む住民有志でつくる東部再起の会などによる実行委員会の主催。市内の仮設住宅でライブを行っている音楽グループ「MCS(ミクス)」が作曲、東部再起の会事務局の立谷幸一さん(62)が作詞した鎮魂歌「灯篭(とうろう)の灯(あかり)に鎮魂の想い」が初めて披露された。ミクスの女性ボーカルRiOさん(28)が熱唱し、津波で亡くなった住民の冥福を祈った。
 焼香に続き、灯籠流しを行った。僧侶による読経の中、約800個の灯籠が船3隻から海へ流された。真言宗豊山派青年部の豊山太鼓「千響」が演奏される厳粛な雰囲気の中、参列者は海に向かって静かに手を合わせていた。
 津波で夫を亡くし、息子4人と訪れた同市の主婦土屋友紀さん(35)は「子どもたちを見守ってねと伝えた。きっと届いたと思う」と静かに語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧