東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

旧魚市場解体進む 東日本大震災から4年 小名浜

本県漁業を支える役目を終え、外壁の解体作業が進むいわき市の旧小名浜魚市場

 半世紀近くにわたって本県の漁業を支えてきたいわき市小名浜港の旧小名浜魚市場の解体工事が本格化している。
 解体工事は6月に始まり、足場の組み立て工事などを行ってきた。今週から外壁の撤去作業に入った。年内の工事完了を予定している。
 旧魚市場は鉄筋コンクリート造り一部4階建てで、昭和41年に完成した。東日本大震災では津波で被害を受け、平成24年度に施設の一部が解体された。今年3月には近くに新小名浜魚市場が開設され、役目を譲った。
 昭和51年から魚市場に勤める小名浜機船底曳網漁協の前田久経理部次長(63)は「さみしさは感じるが、工事で響く音が復興の槌音(つちおと)となればと期待している」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧