東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

除染廃棄物の仮置き場830カ所を調査 県、保管マニュアル改訂へ

 東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物の仮置き場での保管期間が延長されるケースが増えているため、県は平成27年度内に仮置き場約830カ所の安全管理状況を調査する。結果を踏まえ、保管マニュアルを改訂する方針だ。
 15日に開かれた9月定例県議会の代表質問で、高野光二議員(ふくしま未来ネットワーク、南相馬市・相馬郡飯舘村)の質問に長谷川哲也生活環境部長が答えた。
 県は仮置き場で、廃棄物を入れる袋や遮水シートが劣化していないかどうか調べる。調査結果を踏まえ、保管マニュアルに必要な安全対策などを盛り込む方針。
 環境省は当初、県や市町村に仮置き場での保管期間を「3年程度」と説明していた。しかし、廃棄物を搬入する中間貯蔵施設の整備が遅れ、3年間の用地賃借契約期間が延長されるケースが出ている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧