東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

新ガス燃料発電成功 郡山の産総研と東北大

 郡山市の産業技術総合研究所(産総研)福島再生可能エネルギー研究所・再生可能エネルギー研究センターは東北大流体科学研究所との共同研究で、メタンにアンモニアを混合させたガス燃料によるガスタービン発電に成功した。産総研が17日発表した。アンモニアは燃えても二酸化炭素(CO2)が発生せず、火力発電の温室効果ガス発生を大幅抑制する技術として注目される。

 同センターは、メタンとアンモニアのガスを同じ割合で安定的に燃焼させて発電するための技術と装置を開発し、41・8キロワットを発電した。併せてアンモニアガスのみで同規模の発電にも成功した。実証実験は福島再生可能エネルギー研究所内で行った。
 今回の成果で、メタンが主成分となっている天然ガスを使う火力発電所で、燃料の一部をアンモニアに置き換えられる可能性が出てきた。
 炭素を含まないアンモニアは、燃焼しても水と窒素しか発生しない。CO2発生の抑制効果に加え、天然ガスの資源保護にもつながると期待される。
 同センターはエネルギーを貯蔵や輸送するための媒体として水素や、水素を取り込める物質(水素キャリア)の研究を進めており、水素を多く含んでいるアンモニアの活用に弾みがつくとみられる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧