東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

がん検診態勢拡充 県内の双葉郡避難者向け 来年から県


 県は東京電力福島第一原発事故に伴い県内に避難している双葉郡住民のがん検診の機会を増やす。甚野議員の質問に鈴木淳一保健福祉部長が答えた。
 対象は楢葉、川内、大熊、双葉、浪江、葛尾の6町村。福島、郡山、いわき3市への避難者を対象に、避難先の医療機関でがん検診を受けられる態勢を整備する。来年1月の福島市をトップに開始する。福島市では楢葉、大熊、双葉、葛尾の住民、郡山、いわき両市では6町村全ての住民がそれぞれ受診できる。広野、富岡両町は町独自の検診態勢が構築されているため対象外となる。
 避難を余儀なくされた自治体では、役場機能を置く自治体や避難した住民が多く暮らしている自治体に検診バスが出向く「集団検診」が中心となっている。民間施設などを借りて実施しているため期日が限られ、検診できない人もいた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧