東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

広野国際フォーラムが閉幕 古里の復興誓う

「被災地・広野町」からのメッセージを発信する遠藤町長(中央)と参加者

 広野町の国際フォーラム「『被災地・広野町から考える』~"幸せな帰町・復興"に向けて~」は最終日の20日、取りまとめのシンポジウムを開き、「世界の多様な目で学び合うことが有意義であることを学んだ。今回得られた結果を発展させ、多様な交流を進める努力を続ける」とするメッセージを発信し、閉幕した。

 海外から招いた専門家や日本の研究者、ボランティア、町民ら約100人が出席した。期間中に開かれた15のワークショップの代表がそれぞれの成果を発表した後、「震災、原発事故の教訓」「今後、自分たちに何ができるか」をテーマに意見を交換した。
 メッセージでは、復興に向け必要な取り組みとして(1)可能な限り情報収集し、その情報を誰もが閲覧できる環境を整備する(2)より良い社会の在り方を住民と共に模索し、解決策を見つけ出す(3)住民の意見を適切に反映し実行するシステムを構築する-などを挙げた。国際フォーラムの成果も盛り込んだ。
 遠藤智町長は「国際フォーラムで新たなコンセプトを見いだすことができた。私たちは自立自助の精神で愛する古里を守り、必ず復興再生することを誓う」とあいさつし、メッセージを読み上げた。
 国際フォーラムは、広野の復興やまちづくりについて考えようと、国際フォーラム企画・運営会議が主催した。14日に開幕し、ワークショップや交流イベントなどを繰り広げた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧