東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

仮置き場「他の方法も」検討を 保管長期化で規制委員長

14市町村の首長との意見交換を終え、記者会見する田中委員長

 原子力規制委員会の田中俊一委員長(福島市出身)は23日、東京電力福島第一原発事故で発生した廃棄物を一時保管する仮置き場の使用が長期化している問題について、他の保管方法を検討する必要性があるとの見解を示した。
 原発事故に伴い避難区域が設定された市町村など県内14自治体の首長との意見交換を同日で終え、郡山市にある富岡町役場郡山事務所で記者会見した。
 田中氏は「すぐには中間貯蔵施設に搬入できない現実を踏まえ、時間軸を考えて、そろそろ他の方法を合わせ技で取る必要があるのではないか」と述べた。
 首長との意見交換では、帰還困難区域の除染実施などの要望が上がったことも明らかにした。
 田中氏は15日から各市町村を回り、首長から復興施策などについて意見を聞いた。最終日の23日は大熊、富岡の両町長と会談した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧