東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

上映開始記念しシンポ 被災状況の朗読活動ドキュメンタリー映画「種まきうさぎ」

シンポジウムで映画製作の裏話などを明かす(左から)森監督、尾形さん、長島さん、矢葺さん

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、福島の現状を朗読で伝える活動を行った県内の高校生の姿を追ったドキュメンタリー映画「種まきうさぎ~フクシマに向き合う青春~」の上映開始を記念したシンポジウムは25日、福島市のフォーラム福島で開かれた。
 映画上映後、監督を務めた森康行さん、出演者で朗読グループ「たねまきうさぎ」メンバーの尾形沙耶子さん、長島楓さん、矢葺優佳さんが登壇し、映画製作のきっかけや現場の裏話などを語った。
 森監督は「被災地の高校生を題材にした作品を発表することに当初はためらいもあったが、福島の問題に向き合う若者の姿から何かを感じ取ってほしかった」とメガホンを取った心境を明かした。
 現在、東京の大学に通う長島さんは「映画を通して原発事故によって苦しんだ人たちの思いを知ってほしい」と呼び掛けた。


■朗読グループの高校生成長描く 30日まで上映
 映画「種まきうさぎ~フクシマに向き合う青春~」は、県内の女子高校生4人で結成した朗読グループ「たねまきうさぎ」が県外を訪れ、県内の被災の状況や自身の思い、感情を詩で伝える活動を追ったドキュメンタリーで、メンバー一人一人が全国の人々との交流の中で成長する姿が描かれている。
 ナレーションは女優の大竹しのぶさんが務めた。メンバーが県内の被災地を訪問し、原発事故の風評に苦しむ農家や漁業関係者に話を聞く場面なども収録されている。
 映画は30日まで福島市のフォーラム福島4で上映する。時間は午前10時からと午後6時40分から。
 問い合わせはフォーラム福島 電話024(533)1717へ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧