東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

12月、施設整備検討会を発足 相馬の海産物直売所

 東日本大震災の津波で損壊した相馬市松川浦の海産物直売所再建に向け、相馬市や相馬双葉漁協は12月、施設整備検討会を発足させる。27日に開いた市災害対策復興会議で明らかになった。
 検討会は市や漁協をはじめ、JAそうま、観光関連団体の関係者、地元住民ら10人程度で構成する予定。整備場所や施設規模、財源確保、スケジュールなどを協議する。市は、魚介類の販売に加え、沿岸部への集客を図る観光交流拠点、農産物なども販売する市民の台所としての機能を併せ持つ施設としたい考え。
 かつての直売所は鮮魚直売センターとして相馬双葉漁協が整備、運営していた。会議で立谷秀清市長は「市が整備し漁協に貸与することを想定した場合、市民のためになる施設とする観点が必要」と述べた。整備時期については「沿岸部の防災緑地などの事業が完了する平成29年度以降が一つの節目になる」との考えを示した。
 相馬双葉漁協は9月、市に施設整備を求める要望書を提出している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧