東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

復興支援輸送協組が発足 除染廃棄物運搬へ24社

創立総会に臨んだ運送事業者ら

 東京電力福島第一原発事故で発生した除染廃棄物の中間貯蔵施設への本格輸送開始に向け、輸送に関わる運送事業者による「福島復興支援輸送協同組合」が30日、発足した。
 創立総会は福島市の県トラック協会研修センターで開かれ、理事長に渡辺泰夫県トラック協会長が就いた。
 事業計画では、当初はコンクリート製品など中間貯蔵施設建設のための資材の輸送を納入業者から共同で受注し、組合員の運送事業者に分担する。将来的には、除染廃棄物輸送の共同受注なども目指すとした。
 組合は県トラック協会に加盟する県内の運送事業者24社でつくり、輸送に使用できる大型車両は169台に上る。11月上旬に県に設立認可を申請し、同中旬ごろ認可される見込み。
 総会には国や県の担当者、運送事業者ら約50人が出席した。渡辺理事長が「輸送力を生かし、本県の復興、復旧に向けて全力で取り組む」とあいさつした。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧