東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

11月上旬、初の着工 山木屋地区民の災害公営住宅

山木屋地区住民が入居する災害公営住宅の完成予想図

 川俣町山木屋地区の住民を対象にした災害公営住宅の建設が11月上旬、同町中心部の町有地で着工する見通しとなった。東京電力福島第一原発事故で避難区域となった山木屋地区の住民が入る災害公営住宅が建設されるのは初めて。
 30日に開かれた町臨時議会で町営の災害公営住宅40戸を整備する8億7048万円の工事請負契約を原案通り可決した。
 65アールの広さに木造2階の一戸建て住宅18戸、木造2階の二戸連棟建て住宅22戸を建設する。来年6月に完成し、8月から入居を始める。
 町は山木屋地区住民に災害公営住宅への移住に関する意向調査を8月に実施し、結果を踏まえて建設戸数を決めた。約50世帯が災害公営住宅を希望した。子育て世帯と居住制限区域の住民が主に居住する。残りの世帯は県が今後、町内の別の場所に建てる災害公営住宅を利用する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧