東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

第二原発事故想定し訓練 テレビ会議で情報共有 県、いわき

災害対策本部で情報収集に当たる参加者=県自治会館

 東京電力福島第二原発の事故を想定した県原子力防災訓練は26日、福島市の県自治会館などで行われた。
 県といわき市の主催。浜通りで震度6強の地震が発生し、福島第二原発4号機の使用済み核燃料プールの冷却が停止。水位の低下も確認し、発電所敷地境界周辺の放射線量が上昇した-との想定で実施した。
 県自治会館の訓練には、県や県警本部などから約60人が参加した。災害対策本部を設置し、福島第二原発周辺自治体などとテレビ会議システムで情報を共有した。避難者情報の集約や県民への広報体制も確認した。
 いわき市役所では市や関係機関の約60人が訓練に参加した。庁舎内に災害対策本部を設け、けが人の有無や建築物の被害など情報収集に当たった。
 28日には、いわき市小川町の住民が避難する大規模な訓練が行われる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧