東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

富岡の指定廃棄物処分「富岡町、県と協議し対応」 楢葉町議会全員協

国の安全対策などについて意見が出された楢葉町議会の全員協議会

 東京電力福島第一原発事故に伴う指定廃棄物を富岡町の管理型処分場に埋め立てる国の計画をめぐり、処分場の搬入路がある楢葉町議会は27日、町役場で全員協議会を開いた。松本幸英町長は「国は町や町議会の意向を踏まえ、真摯(しんし)に対応している」と国の安全対策などに一定の評価を示した上で、計画の受け入れについて「富岡町や県と協議しながら町の対応を見極めていきたい」と述べた。
 全員協議会には、井上信治環境副大臣をはじめ環境省の担当者や復興庁の担当者、長谷川哲也県生活環境部長らが出席した。環境省の担当者が安全・安心の確保に向けた対策や地域振興策などを説明し、長谷川部長が楢葉、富岡両町に対して県が拠出する計100億円の交付金について説明した。
 議員からは「国はできる限りの対策を示しており、安全性は担保されたと思う」「県や双葉郡の復興に欠かせない施設」など理解を示す意見が出された一方、「甘いあめをぶら下げて、(計画を)認めてくださいというのは人の尊厳を損なう行為だ」「搬入路がある地元住民に丁寧に説明して理解を得ることが前提だ」など慎重な声もあった。
 青木基議長は「私としては議論は尽くされたと思う。国は町民の意見に真摯に応えてほしい」と述べた。
 全員協議会後、井上環境副大臣は「一定の評価をいただいたと受け止めている。(町には)できる限り速やかに判断いただきたい」と語った。
 松本町長は県の交付金について「町は復興計画に基づいて事業を進めているが、それに対する最大限の支援と捉えている」と評価した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧