東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

来年10月開始目指す 富岡に整備の町立診療所

富岡町立診療所のイメージ

 東京電力福島第一原発事故に伴う全町避難が続く富岡町が帰還開始前の平成28年秋に町内小浜に整備する町立診療所の計画概要が固まった。当初は内科診療を実施し、医師1人を含めたスタッフ9人体制を想定している。28年10月の診療開始を目指す。
 7日、町議会全員協議会で町が明らかにした。
 原発事故前まで町内で診療していた今村病院の今村諭院長=内科医、神奈川県に避難中=が管理者と医師を担う。この他に看護師3人、診療放射線技師1人、薬剤師1人、事務員1人、医事会計員1人、用務員1人を配置する方針だ。
 町は早ければ29年4月の帰還開始を目指しており、28年度内は一時帰宅者が多い木、金、土曜日の週3日の診療とし、29年4月以降は平日の週5日間の患者受け入れを計画している。将来的には外科など診療科の拡大も検討する。
 診療室2室、処置室、血液検査室、CT室、X線検査室、救急処置室、薬局などを備える。今後、基本実施設計に入り、28年4月に着工する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧